Top > 暮らし > 社会が求めるハウスクリーニング

社会が求めるハウスクリーニング

高齢化社会において体の動かない独り身の人が増加し、それに伴いハウスクリーニングの需要も増えているようです。

高齢の人が直接業者へ接触するのではなく、間にデイケア等の仲介を通してという形が多いようです。

ハウスクリーニングの会社を開業するにあたっては特別な手続きが必要ではないために、利用者が正確な交渉能力がない場合、コミュニケーション的な問題も発生しやすく、間に介護等の専門職の仲介が必要になることが多く、結果的には利用者の出費はより高くなることがあります。

そういった場合は、私も利用したことのある大阪の清掃業者(ハウスクリーニング・ワン)を紹介します。
こちらの会社は、インターネットを中心に営業活動しており、ホームページ内でもとても細かく親切な説明がなされていますので、私もこの会社に決めました。


暮らし

関連エントリー
社会が求めるハウスクリーニング